--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-07-28(Mon)

神秘的な境内 白石神社 その2

DSCF2471.jpg

昨日の続きで、境内にある池をうろうろ。
週末でしたが、他の方もいなかったので、のんびりまわることができました。

DSCF2483.jpg

池の中央に白石弁天神社がありました。
こちらは縁結びの神様でもあるようですね。
もちろんお参りしてきましたよ~。

DSCF2487.jpg

池の反対側には、茅葺屋根の門がありました。
まだまだ奥があるみたいなので、くぐってみます。
奥には東屋があったり、集会場のような建物があったりでがらんとしていました。
これ以上は見るところが無いのかな?と思っていると、さらに奥に進める階段が!!

DSCF2491.jpg

DSCF2493.jpg

曲がりくねった階段を上ると、白石開村碑が祭られていました。
さらに小道があり、その奥に開村50年碑があり、やっと行き止まりです。
ちょっとしたわくわく感も楽しかったです。

DSCF2501.jpg

ゆっくりまわっても15分ぐらいで満喫できる白石の神様めぐりでした。
森林浴もできるし癒されますが、自然いっぱいな分、虫さんもにぎやかです。

201407272148000.jpg  201407272149000.jpg

帰りに華おみくじを引いてきました。
大吉で心も癒されましたよ~。
スポンサーサイト
2014-07-27(Sun)

神秘的な境内 白石神社 その1

DSCF2443.jpg

散歩がてらに白石神社に行ってきました。
初詣やお祭りなどで何度か訪れているのですが、じっくりまわるのは初めて。
wiki情報だと、近年の初詣の参拝客数が北海道神宮に次ぐ、道内2番目だとか。
すごい!すごいわっ白石神社っ

参拝方法が特に案内されていないので、二礼二拍手一礼で参拝。
私は神社についてまったく詳しくないのですが、気持ち小さめに見えるのは気のせいでしょうか。
社務所は3階建ての大きな建物なのに…。
まぁ、神社は社の大きさで決まるものではないのですが、ちょっと気になりました。
でも調べてみると、建立以来、2回も火災で焼失しているんですね。
色々と事情があるのかもしれません。
参拝が終わると、境内から繋がっている池のほうへ

DSCF2451.jpg

夏真っ盛りの7月なので、木々がうっそうと茂っており雰囲気があります。
9月のお祭りシーズンにはライトアップされて、さらに神秘的になります。
もちろん人もすごいけど…。

DSCF2456.jpg

降りると池に橋が掛けられていて、奥に白石稲荷神社があります。
稲荷神社ですが、お稲荷さんはいらっしゃらなかったです。

DSCF2457.jpg

池の突端には、白石竜宮神社があります。
突端部分に湧き水が出て、霊泉と評判になったのですが、近年の開発で飲用不可となってしまったようです。
確かに訪れた際、池の水もにごり、連日の暑さで若干においがありました。
時代の流れかもしれませんが、なんか竜宮様がかわいそうですね…。

DSCF2471.jpg

池のさらに奥には別の入り口もあり、その近くに布袋様や弁天様、馬頭観音などが祭られています。
なんだか盛りだくさんで得した気分ですね。

つづく
2014-04-15(Tue)

【小樽】小樽市総合博物館と市内トコトコ その3

kuruma.jpg

【小樽】小樽市総合博物館と市内トコトコ その3

その後、お土産に館のケーキ
(注、現在は館ブランシェ (【旧店名】洋菓子の館)を買ったり、
もちろん、小樽に来たらかま栄のかまぼこも外せません!
やっぱり大好きなんだよな~。かまぼこ。

そんな感じでトコトコして、小樽を満喫。
場所はあえて伏せますが、今回の面白スポット。

DSCF1581w.jpg

うろこの形の壁。北海道では珍しいそうです。
なんか、おとぎ話に出てきそうな趣ですね。ステキ!

DSCF1583w.jpg

なぞのお地蔵さんと毘沙門天???
しかもなぜここに? という感じでした。
近くにお寺がありましたので、関連があるかもですね。

DSCF1608.jpg

こちらは運河館のほうの博物館にありました。
コナーになっていて、様々なオタモイの写真がありました。
まさに竜宮! 

こんなに綺麗な写真、初めて見たので感動してしてしまった。
たいがいはイラストが多かったですからね。

DSCF1637w.jpg

そしてこちらは、ご好意によって見せていただいたものです!
(ご迷惑をかけたら申し訳ないので、場所は伏せておきます。
あれ? そんなに重要なことじゃない?
わたし的にはトップシークレット的な扱いなのですが…笑)

オタモイのものを探していたら、声かけていただき…。
こういう出会いも旅の醍醐味ですよね!!!
わ~~~、今回の旅で一番の感動と収穫です!

もう大大大満足で、小樽を後にしたのでありました~。
また暖かくなったら、遊びに行くぞー!
2014-04-14(Mon)

【小樽】小樽市総合博物館と市内トコトコ その2

kuruma.jpg

【小樽】小樽市総合博物館と市内トコトコ その2

目的は達成したので、観光駐車場に車を止めて、歩いて市内観光。
まずは、前回日曜日でお休みだった、中央卸売市場。

おぉぉ!趣があるーっ
やはり海鮮はすごく美味しそう~~。
そして市場だけあって、様々な商品が並んでおりました。

ただ、こちらも空き店舗が目立っていて残念。
場所によっては半年、テナント料無料なんてものもありました!
ぜひ活性化してほしいと思いましたね~。
市場のMAPをもらってきたので、次回は他の市場にもいくぞ~!

気の向くまま、目的も無く歩いていたら、すっかり疲れてしまいまして。
坂の多い街なので、海が見える絶景であっても、歩いたら疲れるわけで。

なので、ランチでお休みすることに。
今回は『ヤマキチこんどう』さんです。

DSCF1596w.jpg

大正末期から昭和にかけて建築された建物を、25年前に改装したお店だそうで、
とても綺麗ですが、大正ロマン的なレトロ感もあってステキなお店でした。
13時過ぎにお店に着いたのですが、あっという間に満席に。
地元の方にも愛されるお店でした。

DSCF1590w.jpg

私はフレンチトーストとコーヒーのセットを。
フレンチトーストはバゲットを浸したものが大好物なので、嬉しかった~。
コーヒーも美味しくいただきました。幸せ♪

ボスは野菜カレーを食べていたので、ちょっといただき、スパイシーで美味しい!
コーヒーはもちろん、フードも美味しい喫茶店って素晴らしい~。
またお気に入りのお店ができました~♪

その3につづく

2014-04-13(Sun)

【小樽】小樽市総合博物館と市内トコトコ その1

kuruma.jpg


今年もやっとお出かけのシーズンになりました。
週末、本当は三笠の鉄道博物館に行こうと思ったのですが、
直前の大雪&時期的にいろんな施設がやっていないということで、
三笠は延期にし、近場の小樽に行ってきました。

小樽は毎年、年に数回行くほどの好きな街で、
行くたびにいろいろと発見があって、飽きない街ですね。
お金があれば、移住したいな~。
やっぱり海って憧れるよねぇ…という私の主観。

今回はボスが博物館に行きたいとのことなので、そっちをメインに
市場などをトコトコしてきました。

DSCF1474_w.jpg

小樽市総合博物館とは、旧小樽交通記念館の本館、運河館の二つがあり、
本館にある手宮線は北海道で最古の鉄道で、観光シーズンには
保存しているSLが動く姿を見て、体験できる施設なのです。

DSCF1536w.jpg


私たちはまぁそんなに鉄道には興味が無いので、さらりと鑑賞。
やはり大切に保存されている車両は趣があってステキでしたよ。
目的のターンテーブルを写真に収めることができ、ホクホク。

その後は観光駐車場に車を止めて、歩いて市内観光。

その2につづく
2013-05-25(Sat)

【上砂川】上砂川小学校

IMGP4266.jpg

無重力センターの帰り、気になる階段を発見!
コレは怪しい…上に何かあるぞ!
と言うことで寄り道しました。
階段を登ってみると…

IMGP4265.jpg  IMGP4259.jpg

そこには雑草が生い茂るグラウンドとまだ新しい校舎でした。
炭鉱が栄えていた時にはさぞかし賑わっていただろう上砂川小学校も
他の地域同様、炭鉱の閉鎖により生徒数が激減して廃校になってしまったんでしょう。
綺麗な校舎がもったいないです。

IMGP4264.jpg  IMGP4262.jpg

屋根付きのプールは完全に屋根がなくなっちゃったみたいですね。
中から木が生えているのをみると、沼東小学校を思い出します。

IMGP4263.jpg  IMGP4260.jpg

森に同化している二宮さん。ちょっとしたホラー?
見つけた時はちょっとビビリましたよw
建物が傷む前に再利用してほしいですが、周りの異様な程の静けさでは
多分難しいかもしれませんね。

17.jpg
2013-05-24(Fri)

【上砂川】無重力センター

06_20130523212716.jpg

昔行った写真のアップです。
上砂川にある、無重力センター(旧 三井砂川中央竪坑)を見てきました。
現在、櫓のある炭鉱は貴重なので、あるうちに見に行かないと!
ということでございます。

02.jpg  03.jpg

休日に行ったのですが、誰もおらず…。
それもそのはず、無重力センターは閉鎖され現在使用されていません。
その向かいにある、炭鉱館も閉鎖され、その一帯は無人となっておりました。

04.jpg  05_20130523212714.jpg

田舎育ちですが、この田舎独特の閉塞感といいますか、無音状態(厳密には虫の音や鳥などそれなりにうるさいのですが)が気持ち悪く、見る場所もないので早々に退散しました。
せっかくの施設があるのに、放置とはもったいないですよね。
何かに使ってほしいな~。
2013-04-11(Thu)

【芦別】三井芦別鉄道

当時の汽車が残っていると聞いて、行ってみました!
なんとなくの漠然とした情報のもと探しに行ったので、最初はどこにあるのかわからず…。
かな~り集落から離れた場所に発見!
昔は栄えていたはずの炭鉱の街は、すっかり野に帰っておりました。

IMGP4271.jpg

大きな橋を通過中に見つけたので、橋を渡った先の道には入り、探索。
汽車を間近に見られたのですが、柵が設置され近づけず。
…というか、後ろから撮ってもねぇということで対岸に移動。

IMGP4273.jpg  IMGP4274.jpg

こちらから近づいて間近で撮りたい衝動に駆られましたが、
放置されている橋がいつ崩壊するかもわからないので諦めました。
近くではダンプの出入りもあり、現在は露天掘りも行っているようです。

DSC01592.jpg
設置されていた柵の看板。
ちょっとかわいい。
その後頼城のほうも行ってみたのですが、樹海があるだけで名残になりそうなものは発見できませんでした。
せいぜい木製の電柱ぐらいかな? 自然はすごいな~。
2013-04-10(Wed)

ごちゃまぜいろいろ。

なんとなくうろうろしていて見つけたものを紹介です。
特にオチなし、いみなし。

DVC00726.jpg

まずは栗山町で見つけたサビサビの看板。
5~6mぐらいの大きな看板でもちろんお店は廃墟なのですが、
ここまでサビサビだと清々しいねとパシャリ。

DVC00498.jpg

続きましては、石狩で見つけた、鉄塔の最後。
多分地中に潜っているんだろうけど、最終地点って面白いなぁとパシャリ。

DVC00597.jpg


生まれて初めて野生のクマを見た瞬間をパチリ。
ちなみに国道38号線です。
確かに周りは山だったけど、確かに近くの河川敷にはエゾシカをよく見たけど、
まさかクマに遭遇とは!!!
こちらは車で距離もあったので、ちょっぴりテンパリながらも傍観。
クマはすぐ山に帰っていきましたよ。でもでかかった~。

DVC00754.jpg

最後は夕張で見つけたリノベーションされた花○牧場のマンション。
2棟あってどちらもピカピカだったけど無人でした。
雇用だけではなく、住むところも用意したけどうまくいかなかったのかなぁ。
確かに場所が山の川沿いで気味悪く感じたけど、みんなで住めば…ってか、地元の方は住んでいたし。
でも若者は根付かなかったみたいですね~。難しいよね。
2013-04-08(Mon)

【恵庭】えこりん村 その2

えこりん村のつづきです。

動物を堪能したあとは、銀河庭園をぐるりとお散歩。
ハウス劇場のアニメに出てきそうな馬車や2階建てのツリーハウス。

IMGP3510.jpg  IMGP3530.jpg

IMGP3552.jpg  IMGP3540.jpg

英国ローズガーデン風とか、こんなところでアフタヌーンティーとか優雅ですなぁ。
こういう綺麗なお庭って憧れる~。でも広い庭じゃないとできないから、無理だなぁ~。


IMGP3528.jpg  IMGP3520.jpg

ロックガーデン風とかもかっこいいですねー。
階段を登って少し高い場所まで登ると…。

IMGP3526.jpg  IMGP3529.jpg

中華風?な傾斜を利用した流れる水路みたいなものもありました。
石畳がかっこいいですね~。 ちょっとした迷路でした。
あ~景色を撮るのを忘れてた~ orz
もちろん、メインのお花もすごく綺麗に植えられています。
この辺りはさすがプロですね~。
トータル的にデザインされているお庭が素敵です!

IMGP3551.jpg  IMGP3553.jpg

そして最後に見つけた小さなカエル。

IMGP3564.jpg

サムネイルではわからないかもw 自然を謳歌しているカエルがかわいかった~!
リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。