--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-31(Fri)

なんちゅうか……。

 ぐるぐる思考が回ってます。
 言いたいことはたくさんある、だけどここで叫んで溜飲下げても意味がない。
 期待していた私がバカだった。

 そうか、あんたもそんな見方しかできないんだ。
 誰かさんはそんな考え方しかできないと思ったけどさ。
 どっかのひどいサイトと同じじゃん。 
 がうがう。

 向こうにアップする気がないので、こっちに1000字を提出。
 もっと今後のことを考えよう。


――――――――――――

 ほのかは校舎から外に出ると、達也と目があった。
「クラス委員、お疲れ。オレからのおごり」
 達也はゆっくりとした動きで、缶コーヒーをほうり投げた。夕焼けを反射させ、弧を描いて缶がほのかに向かってくる。ほのかは飛びつくように受け取った。
「あ、ありがとう」
 直線的な硬い触感が手を伝わって体の芯にまで届く気がした。ほのかは両手で缶を転がしながら包み込む。
 冷たくなった頬に缶を当てると、頬からじんわり伝わる痛みがここちよい。ほのかの顔がほころんだ。
 達也は小さな破裂音を鳴らすと、缶コーヒーを飲みだした。ため息とともに達也の肩が下がる。
「就職組みだったよな、成田は」達也はうつむいたまま、背中を壁に預けた。
 引き止められたような展開に、ほのかは戸惑った。別に急いでいるわけではないが、達也に引きとめられる理由がわからない。
「う、うん。こんなご時世だからね。えと、達也くんは進学だよね」
「あぁ」
「そ、そっか。がんばってね」
 暇をもてあますように、ほのかは缶コーヒーを見つめた。帰る素振りをみせない達也を見上げ、気まずさであたりを眺める。誰もいない校庭がおぼろげに見えた。
 達也の飲みほす音が響く。
『あの……』
 低音と高音の声が重なる。一瞬交差した視線は再び下を向いた。
 背後で誰かの足音が聞こえてくる。気恥ずかしさがほのかの心を押した。
「じゃぁ、またね」
 達也からの言葉はない。
 背をむけ歩きだした時、後ろにいたはずの達也がほのかの目の前に現れた。
「な、成田とクラス委員して楽しかったぞ! 学祭の成功もおまえのおかげと、お、思ってる! 
 それで、あの、だから」
 達也はしきりに何かを伝えようと両手を動かすが、言葉が出てこない。
 ほのかが見上げると達也と視線があった。
 途端、達也の顔色が変化した。
「えと、つまり……その……がんばれよ、またな!」
 ほのかの返事も聞かずに達也は走り去る。一度も振り向かない達也の背中をほのかは見つめていた。
 
 ほのかは家に帰ると、自分の部屋へと直行する。
 ぬくもりの消えた缶を取り出し、達也の写真が入っているフォトフレームの横に置いた。
 

スポンサーサイト
2006-03-31(Fri)

あちゃちゃちゃ~☆

 ワンフェスの小説。
 誤解のある表現がありまして、削除させていただきました。
 関係者の方々、もうしわけありませんでした。

 えぇぇ! 消しちゃったの?って思うかもしれないですけど、やっぱりいいかげんなものは出したくないなーと。
 というか、そんなに書きたかったお話では……げふんげふん。
 どちらかといえば、成り行きで……げふんげふん。

 という事で、もうしわけございませんでしたー。



 今日は親がきました。
 はっきりいって自分の時間乱れまくりですよ。
 返してくれー! 俺の創作の時間ー!!
 おかーさまのお付き合いのお話もそうですけど、とおちゃんとの話が長い……。

 とりあえず、つかみは
父ちゃん「シェイクスピアの代表作を最低4作あげろ!」
 4時間だよ……。ははは。
 いや、面白いんだけどね……。おいらまだ課題してないのに……。

 

2006-03-26(Sun)

絵。

 こないだ相方に小説の話をしたときに
「さりは(仮名)はあんまり自分の小説に絵をつけないのはなぜ?」
 とかきかれつつ、
 「オレ最近、全然書いてねーんだよなー(相方はイラストオンリーです)ネタちょうだいーっ。投稿しないへぼいやつでいいからー」
 などと言ってきたので、
「んじゃぁ! おいらの小説に書いてよー!」
「おぉー、オレのでよければかくぞー!」
 と確約をいただきました!!

 え? ちょっと話が違う?
 まま、こんな感じの話だったのよ、私にはこんな感じに聞こえたのよ!!(強引)

 なので、自分の小説に絵師さんが書いてくれるのですー♪
 すげー! これって嬉しい♪
 確かに自分でも下手なりに書くけど、上手く表現できないのよね。しかも小説書いているときには、キャラクターは映像として浮かんでないし……。
 だからいざ書かねばいけないときになって、慌ててキャラクターを考える…。むぅ。

 でもこれからは絵師さんにお願いできるのね♪ うひゃぁ!
 ただ、書いてもらう小説が全然できていないってことだよ……。はぅ。


 今日、気分転換に温泉に行ったら貧血起こして頭を打って、たんこぶできました……。
 
 情けない……orz
2006-03-26(Sun)

想いは伝わらない。

 まぁ今に始まったわけではないんですがー。
 久々にけんか腰で書いてしまっただによ。人の心を動かすって難しい。

 相手もかみついてくると思ったらそうでもないし。
 こんなバカな素人相手にすっかり及び腰な状態だし……。
 管理人から退室命令出るかと思いつつ(おまえも及び腰じゃん)覚悟して書いたのに、すっかり空振りな様子。
 はぁー。
 まぁこれがいつものパターンですけど。
 私の下手な日本語のせいなのでしょう。たはー。



 おいらはいったい何がしたいんだろうね。
 思い描いたことを文章にするのが難しい。上手くいかない。
 でもさ、でもさ、昔だったらどこが悪いかもわからなかった。
 どうしてそうなのかもわからなかった。気が付かなかった。
 今、おぼろげだけどわかるのが嬉しい。
 上手く表現できないけど、言葉をきちんと使えないけど、昔みたいに真っ暗な状態ではないのが嬉しい。
 
 何もかもが未熟でどうしようもないのが実感できた。
 昔はそれすらもわからなかった。
 あとは上を見上げるだけだ。近づけるといいな。
2006-03-24(Fri)

シャットアウト。

 一応、こっちにも。
 匿名さま、コメントありがとうございました~。
 コメント欄にレスしてますー。

 さてはて。
 一体短編で、どんだけ時間かかってるのよ。ってな感じですな。
 あぅ。だってのっぺらぼうなんだもん。

 あのサイトに参加するようになって、やっと自分の実力の無さを実感できたというか、そんな毎日です。
 自分の脳内に寄生された(笑)しんさまがですねぇ、えらくいやみをおっしゃるんですわ。
 実際の掲示板でもかなりのいやみを言われてますけどね。あははん。

 そう思うとさ、ここがダメとか、あれがダメだって見えてくるわけでしょ。
 そこを書き直し、書いては書き直ししてたら二週間経ってしまったですよ! (ノ><)ノ ヒィ
 しかも一向に進まないし。はふー。
 
 やっぱこの調子だと年内の投稿は無理かな……。うぉーがんばるぞー!
 最近、やっとガンビットの仕組みを理解してきたし…ッテ、違うー!(笑
 
 
 
 
 
2006-03-22(Wed)

そんで、バトン。

 見たら必ずすることを、見ていたのですが、スルーしてました。
 そのたたりか!  たたりなのか!!

 ということで、見てたのにはやしさんごめんなさい。
 すぽさん、のを見てえらいなーと思いました。
 ぐらさんのを見て、おいらも書かねばなるまいと思いました。

 *見た人はみんなやるバトン


 ルール:見た人は全員やること!(笑


Q・1 モテたと思う時期はありますか?

 これがですね、こんなおいらですけどあるんですよ。
 俺ってもててるんでない?という時が!
 
 バイト先の一応上司に当たる年下君です。
 何がきっかけで私になったのかがさっぱりだけども、仕事で外出から帰って来るたびに、ケーキを買ってくる。
 (もちろん、私がリクエストしたわけではない)
 飲み会のたびに、花束と送り迎えをしてくれる。
 仕事ができるのでかなりのわがまま人間らしいが、私が言うと素直になる(らしい。私は他の面を知らないから、わからないが)
 
 初めて車に乗せてもらったときには彼なりに葛藤があったらしく
「オレの車に女性乗せるの初めてなんですよ」
「え? ごめん、後ろに乗ろうか」と、降りようとする私に
「イヤイヤ、乗って。いいから乗って」と、かなり焦っていましたな。

 何であういうこというのかね。初めてなんだよねとかさー。
 何のアピールなの? と、おいら的にはいやでしたなぁ。
 勝手に年下君の家に寄っておいて、私は車の中で待っているって言うのに、家に呼んでさー。
「オレの家に女性が来たのは、さりはさん(仮名)が、初めてなんですよ…」みたいに言われるのってどうなのよー。
 あぁ、こんなやつが初めてですいません。別にきたかった訳じゃぁないですよーとかいいたくなるよ。むぅ。
 
 まぁ結局何がすごいって、その頃は私は彼氏がいましたので、その後年下君とは仕事以上のことは何もなかったわけですけど。
 もちろん、最初から彼氏いるのはわかってての行動だよ、年下君は。
 ある意味、すごいなぁ。

 一人だともてた事にならない? おいらには十分なるのだよー!


Q・2 似てるといわれたことのある芸能人は?

 とある女優さんに似ているといわれたことはあります。
 納得できねーって顔はされますが(笑
 最近は卓球の愛ちゃん?(これも似てねぇよのブーイングが……)
 
 六月に初めて師匠と会うので(!)その時に誰に似ているか聞きたいと思います。
 念願の師匠、初対面だよー。
 生イヤミだよー(笑  ちょっとこえー。


Q・3 恋人を選ぶポイントは

 笑いのポイントが同じ人。
 意外に思われるかもしれませんが、気に入った相手には笑わせます。
 なのでポイントが違うと、こっちは苦労するのですよ。

 結局は価値観かなー。大事よ。大事。 


Q・4 ここぞという時の香水や服装がありますか?


 昔はあったなぁ。アニエスの香水は今でもお気に入り。
 あぁ、年齢を感じる……orz



Q・5 告白されたことがありますか?あれば何人?


 きちんと言われたのは一人なのだ。
 なぜか気が付けば付き合っていることになっていたというのが、二人なのだ。
 なぜだ……。うぅぅぅ。
 
 関係ないけどネット上では数え切れないほど、付き合ってみる?みたいなことは言われますよ。あれ?もしかして普通なの?
 そのたびにおいらは聞くのですよ。
 40すぎたおっさんに本気で付き合うのかね?
 
 ちゅうかさ、おいらがかなり軽く見られている節があるんだけども、どう?
 冬でもTシャツ一枚のおっさんよ? それでもいいの?(笑

 
 あー。女の子からもプロポーズまがいはあります。
 4人ほど。って、女の子からの方が多いよ!
 この辺のポイントは、やはり笑いのポイントを押さえるところざんすよ。
 ビジュアルに自信があるなら必要ないが、無いのであれば笑いで気をひきこみ、アピールざんすよ! 女の子はいちころっすよ!(?)



Q・6 わざとデートに遅れていったことはありますか?

 遅刻常習犯ではあるけども、わざとはない。
 友人を最長二時間半待たせたことがあったときに、仁王立ちでいる姿が忘れられないわ……。
 その時は絶対必要なチケットを忘れて、取りに帰ったためおくれてしまったのであるが。(言い訳)


 次は紅月さんのえらく長いドサンコのバトン。

続きを読む

2006-03-22(Wed)

無事解決……。

 あんまり無事じゃないけど(汗
 結局はキーボードが原因でした。
 
 ともかく、勝手にスタンバイ状態になるわ、検索画面は20個以上引っ張り出してくるは……。
 まともに打てない状態が続き、かなーりびびりました。
 あわててウィルスソフトを入れても、全然改善されなくてむしろひどくなる一方で。
 あー、もう本当にどうしようかと思いましたよ。
 二回もフリーズしました……。ショック。
 このパソコン、ある程度仕事に使うことを考えて買ったものなので、一度もフリーズなんてしたことなかったのに……。

 ちきしょー!もう二度とアイツにはパソコンを触らせないぞ!
 うきー!!!

 しかも新しいキーボード、打ちづらい……。うぅぅ。
 なれるまでが大変だよねぇ…。はぅ。
2006-03-20(Mon)

うぅ。

ぱそがこわれた。はう
2006-03-15(Wed)

がふ。

 今さらですが、前に入っていたサイトのご意見を読みました。
 そんな所に書いてあっても私は読みませんよ。
 って言うか、私は読んじゃいけなかったのかもしれない。

 ごめん、読んじゃった。
 だって名指しだったじゃん。

 意味が無いのに正当化する理由は何?
 あちこちのサイトを批判しておきながら、私の質問には一言も返せない管理人にはがっかりですよ。
 プロ志望の看板は偽りだよね。だったら下げろ。
 あのサイトのどこを管理しているの? 最悪じゃん。

 とまぁ、思ったことを書いてみたら、まるで自分じゃんか。
 がっかりだよ、オレ……orz

 は!!!
 読み返してみると、今行ってるサイトにも通じる発言が!
 イヤ、もう退会したサイトのお話です。
 勘違いしないでくださいね>関係者の方 イヤ、マジで……。


 でもちょっと辟易してる部分はあったり。
 自分は日本語もかけていないのかとか、思考してるつもりだったとか、覚悟が足りなかったのかとか。
 やっぱり私自身が看板下ろすのが正解なのかなーとか思ったり。
 
 夢中になってるからこそ、自分を支えられるというのはあると思う。
 私なんてそれが無いと一気に腐る。
 それはなぜかって生きたいと思ったことが無かったからかな。
 うーん、重いな。

 ともかく、今の私には書くことが生きがいで、やっぱり書くなら上を目指したいっのは変わらないって事かな。

 書いては消し、書いては消し。
 だんだん小説がよくわからなくなってきた(汗

 
 
2006-03-09(Thu)

迷い。

 なんか久々に現実逃避の日々でした。
 何にもやる気が起きない。ぼーっとテレビを見てぼーっとネットを徘徊して……。

 何で迷っているか。 たとえでいえば。
 何というか、私はそれなりに作った料理をプロの方に出したわけですよ。
 結局は素人の料理です。
 そんなもの見る前から明らかですが、とりあえず作ってみろと言われたので作ったのです。
 するとですね、こんな一種類の料理、料理といえるか!と言われたのですよ。
 そりゃそうだと私も納得しまして、私なりにアレンジし、それなりに種類を増やしたのです。
 するとですね、こんな和食ばかり用意されてもどうするのだとおっしゃる。
 洋食やカレーを食べたい人のことをわかってないとおっしゃるのだ……。
 一体いつから洋食やカレーを食べたい方がいらしたのですか? 
 もしそうなら最初から和食ばかりではなく他の種類を食べたい人のことも考えろよと、おっしゃればいいのにと。
 結論としましては、結局和食しか作らないのですよ。
 ですがプロの和食の料理人なら、カレーだって洋食だってきちんと作らねばならぬと、プロの方は素人相手におっしゃるのです。

 私にはそう聞こえたのですよ。もう混乱です。

 それは確かに理想でしょう。
 作れるにこしたことはありません。
 ですが和食を作ることを想定してて、カレーのスパイスの研究やたまごの半熟度のタイミングを測ることは無駄ではありませんか?

 途中でお客さんが「やっぱりラーメンが食べたい」となったときに、スープの材料の研究やら煮込む時間やら麺の固さやらを考えるのではないですか?
 お客さんに言われる前に全て把握してれば、完璧でしょう。
 ですが全てそろえる前に力尽きてしまいますよ。
 だってお客さんが何を言うかわからないんですもの。
 それならば和食とこちら側で指定してから、かつらむきやらご飯の水加減やらを研究しておく方が有益ではないですか?
 確かに和食といっても範囲は広いです。
 100ぐらいの材料を用意していても使われるのは1~2こぐらいでしょう。
 そのくらいは想定の範囲です。1/100ぐらいの濃縮が無いとつまらないものでしょうし。
 ですが何もかにも想定して用意すると、ただ無駄な時間と材料ばかりが増えて、効率が悪いだけです。

 私はそう思うんだけどなぁ……。
 それともただのいぢわるなのかしらん。
 

 にゃはー。おいら影薄いー。まぁいつものことですが。
 今になって「映画もメモを取りながら見る」の意味を理解する。
 なんつーか、すごいなぁ……。

2006-03-04(Sat)

電車男を見た。

 やっとレンタルできました。山田君が狙いです。
 ウキウキしながら見ましたにょ。

 エルメス萌えーっ

 エルメスたん (*´д`*)ハァハァ って気持ち、わかるわ。 

 柴田以来の役どころは好きではなかった中谷さんですけど、
今回で好感触は上がりました。
 でも案外あっさりなのね、やはり映画だからかなー。
 ドラマの最終回とか良かったけどね、映画の卒業はあっさりしててさびしいなぁ。


 さてはて。
 会社のお話。
 私より半年後に入ったSさんの話。
 入社以来一度も化粧なぞしたことも無かったのに、こないだ見たらお化粧をしえました。

 ええぇぇぇぇぇ?!

 ちなみに私は入社以来一度もしたことないです。接客業じゃないし。
 (そういう基準ではないだろ)
 今思うと、なんとなく考えてしまう場面があった。

 まず、Sさんと同じ職場のにいた変な人がこないだ異動になった。
 年末二人で食事に行ったときの彼女の言葉。
「さりはさん(仮名) 何で男作らないんですか?」
 ちなみに彼女の恋愛はそこそこいろいろあるらしい。
 最近職場に行くとき、若い男の人としゃべっているのを見かける。
 ちなみにおいらの会社は9割男性です。

 春だなぁ……。上手くいくとイイネーと思いました。
 でもさ、恋愛ってさ駆け引きなんだから、せっかくのすっぴん隠す事ないのにねーと思ったり。
 それとも意識の問題なんだろうか……女としての。

 私? ナイナイ、女の意識もない(笑

2006-03-03(Fri)

うむ。

 何を書こうか、悩んでしまう。
 私なりにもいろんなことがあって、その想いを書きなぐって闇に葬り去っていたりするので、そのままストレスが無くなっていたり……(単純やなー)
 

 ログはまた4000から読み直して今4700あたり。
 いいなー、小説書いてるよー。
 おいらも小説書きたいでやんすよー。
 それも投稿作を書きたいでやんすー。
 
 モノカキを目指すのなら得意分野が必要だと書いてあったので、少し考えてみる。
 私のウリ……。
 えぇぇぇぇぇ ……orz。
 書く小説のジャンル的にはアクションは必需品だと思ってます。
 ですがアクションが一番難しいときいてます(理解はしていない)
 一番やめておいた方がいいのは、恋愛物というのは理解してます。

 なんだろう……。おいらの得意分野。
 なんちゃって推理?(それじゃぁダメだろ)
 
リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。