--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-30(Fri)

退室宣言してきました。

 今日も座っているのにぐらぐらときまして、微妙に体調は赤信号です。
 家に帰って速攻倒れこむ私。
 もう、さっさとやることしようともそもそと起きてきて、退室宣言してきました。


 なんかもう会う人会う人、あそこはやめておけというアドバイスを頂きまして、やっと本人も踏ん切りがつきました。
 昨日も倒れるまではいきませんでしたけど、突然ぐらりときまして気力で保ってました。
 やっぱり完治できないのかなーと思ったのですよ。薬も飲んで注射も打ってるのになー。
 でも運気を上げようと(このあいだの本に書いてあった)、夜中にトイレも台所もピカピカに磨きましたよ!
 すげー、トイレで寝られるよーってぐらい。
 っていうか、今どきのトイレは綺麗ですけどね。でもピカピカ。
 へとへとになったので、アマゾンから届いたDVD(チゥ・マンチェクくんのー)を見ながら寝ましたとさ。
 ほんとあのDVDは人に勧められないぐらいつまらない(笑 
 でも買っちゃったんだよなー。癒しを求めているのかもしれない。


 そんで朝向こうのサイトをのどいてみれば、あれですよ。
 一応しんさまの返事を聞いてからにしようかなーと思っていたんですけど
 (どんな反応か気になっていたし。どうせまたヒステリーになるとは思うが。
 素人の挑発にのってどうするんだと言いたいね)

 鉄のサプリメントもレバーも食べたんだけどなー。
 昨日の掃除だって三十分ぐらいだよ? 
 昨日も課題をしたけど結局向こうには上げなかったなぁ。 
 
 精神的なものなのかなー? と思いましたにょ。
 なんか致命的なのは、あそこの雰囲気が最悪なところかなー。
 あんなんじゃいる意味ないしね。
 結局わたしは一度もしんさまの本を読了することもなかったんだよなー。
 だって何度挑戦しても読めないんだもん。

 やっぱりこういう心がけではダメよねー。
 なので、違う方法でがんばりたいと思いますよ。
スポンサーサイト
2006-06-29(Thu)

ほゆ~★

 私の顔を見るなり友人が「これ、よみなさい」と手渡されたました。
「宇宙を味方にする方程式」という本でした。
 開いてみると「字でか!」とびっくりする私。
「だから私も読めるんだよー」と言われ納得(笑

 読んだ感想は微妙に新興宗教の教祖みたいだなーと。
 でもなんか聞いたことある話だなーと思いつつ、さっそく水周りはきれいにしようと思いましたとさ。
 弁天様に嫌われちゃうもんねー。


 そんで立ち寄った所で衝動買いをしてしまいました。
 「風雲」が五巻セットで売ってたんでつ。
 レンタルで全部見てるんだけど、思わず買ってしまったーっ
 はっきり言ってべたべたのつまんない話なんだけど、出てくる向こうの(中国、っていうか台湾映画)女優さんがべっぴんさんなのよー!
 はっきり言っておいらの好みだー(爆
 たとえばシュイリンとかー。

syun.jpg


 かわいいー。好きだー!!
 と、叫んでみる。
 孔慈役のクリスティ・ヤンとかー、べっぴんさんやわ~。
2006-06-23(Fri)

 最近読んだ本。

「ウィザーズ・ブレイン」
 読んでみたー。なぜか9Sを思い出したー。
 面白かったねー。せっかくだから読者らしく偏見100%で評価してみよう。
 ★★★☆☆  ぐらい。
 一気には読めなかったのよねー。


 流血女神伝 「帝国の娘」
 んー。面白かったんだけど、続刊はどうしようかなぁという感じ。
 なんか少女小説だよねぇ……。
 彩国物語でも思ったんだけど、なんだかなーとか思ってしまうのよね。色恋物がさー。
 うぅ、おいらこういう萌えポイントがわかんないのよねー。
 ★★★☆☆ 


「戦う司書と雷の愚者」
 山形さーん。いやー久々に作者買いになりそうな方です。私はこの世界観好きだなー。
 ハミュッツ=メセタがあまりにも強烈で、他のキャラが未だによく覚えてなかったりするんですが、エンリケとかササリとか良かったなー。
 一日もかからず一気に読んでしまったなりよ。次も買いましょう。そうしましょう。
 ★★★★☆ 


「カーリー」
 あれ? これってコバルト? と勘違いしそうなほどなんかそういう世界です。
 世界観の厚みがあっておもしろかったですばいー。
 むむ? すごい展開だなーとは思ったものの、こういうのはこうでしょ。
 シャーロットのまっすぐな素直さがいいですな。うむ、うむ。
 ★★★☆☆ 

 よく考えたら、自分のキャラで素直な奴っていないよなぁと思った。
 せいぜいこないだののんちゃんかしら? あれはあれでただの得体の知れない人物ですけど。


「天帝妖狐」
 乙一さんは安定しているなー。面白かったー。天才だ、天才ー。
 切り口が最高だね。この方も作者買いになりそうだなぁ……。
 やっぱし、おいらホラー好きかも。
 ★★★★☆ 

 
2006-06-21(Wed)

最初はね。

 納得できねーって思って、「イヤです」って答えたの。
 それが癪に障ったらしく、ヒステリー気味で怒ってきたの。
 こうなるかなぁと思った通りの展開で、つまり自分の意見に従わない奴は気に入らないんだなぁと思ったわけで。
 
 
 相方になんか怒られたーっと愚痴をこぼしたら、
「ちみの場合は良くも悪くも答えがほしいのじゃろ? 意見も述べあえないの?
 プロって言っても書き手なわけで、育てる人じゃないんだからさっさと見限って投稿に専念するほうをすすめるよ」
 などとかっちょよいことを言われました。
 確かに育てる人ではないし、そういう苦情も来ていたと本人も認めてましたねぇ。
 おとーちゃんにも前に「プロだろうと何だろうと、相手は人間なんだから完璧ではないだろ。
 不満な状態で続けるより、おまえが納得できるやり方が良いんじゃないか?」とアドバイスもらったしねぇ。

 ただ怒られるのならわかるのよ。 だって全然小説書けてないし。
 だけどさー、自分の意見を押しつけてくるのはいかがなものかと思うのよ。
 ハイハイ聞いてる子が良いんだろうね。
 でもそんなしんさまにごう作ったって、誰が読むのさ。
 作家の9割が学園物を描いているとかいって、なんで学園物をかかなければいけないの?
 売れる? 9割も描いているような世界の作品をさー。
 同じ売れない作品なら、自分の描きたい架空の世界のほうがものすごく楽しいでしょ! 書きたいでしょ! 所詮、隙間産業でしょ!


 そんな感じに思いながら過ごしていたんですよ。
 昨日会った師匠にも「貧血は大丈夫?」とか「無理してそこにいなくても、相方さんにアドバイスもらいながらやっていくのもいいんじゃない?」みたいに心配されましたにょ。

 でもね、でもね。
 あのHPでも不満を言って去っていった人はたくさんいて、まぁその中でプロになった人もいるわけだけども。
 ひょいと降りてしまうことは簡単で、とても心地よいことだけども。
 上を目指したいって思っているならば、自分が楽な場所にいたって上達しないわけで。
 投稿を考えているならば、下読みさんから始まって数多くの作家さんや編集部の人を納得させられる作品で無ければいけないわけで。
 事実は私が小説すらも書けていない状態なわけで。
 せめて降りるなら小説を書けるようにならないと話にならないわけなんですな。
 確かに次にでかい体調不良を起こしたら、諦めなきゃいけないよなーとは思ってますよ。
 だけどまだあそこから降りたくないと思うのでやんす。
 相方、本当に話のわからないバカですまん。やっぱりおいらはMなんだろう。

2006-06-20(Tue)

ここ数日の出来事。

 月曜日に師匠に会ってきました。
 出会った印象は、え? 見下ろされてる?
おいら「背が高いっすねー」
師匠「え? 177ですよー」
 むむぅ。
 時間も時間なので、スタバでまったりおしゃべりでした。
 さすがにあそこで囲碁はないじゃろー(笑

師匠「普通の人だったんですね」(微妙にがっかりな顔)
 そりゃどういう意味じゃいっ。
 本気で地球外生物だと?(まさか) イヤ中身はそうかもしれんが。
 結局おいらひとりでしゃべっていたオフ会でやんした。
 あはー、いつもこんな感じさねー。

2006-06-13(Tue)

……orz

まだ本文も10行も書いてないのに……。

それ、やめな。

の一言で打ち切りになりますた>短編。
しょぼーん。
2006-06-11(Sun)

さてはて。

 昨日は久々に美容院に行ってきました。
 またいつものように初めて行くところ。ホットペッパーさま様ですよ。

 美容室のおねーちゃん「今日はどうします?」
 おいら「えーっと。理想はパーマをかけたいんですけど、この髪で、どう思います?」
 おねーちゃん「厳しいですねー」
 おいら「イメージは釈由美子のような、大きめのパーマで……」
 おねーちゃん「ってか、ぶっちゃけこの痛み具合だとパーマかけても意味ないですよ?」
 おいら「……じゃぁ、短く切るなら縮毛で……(泣」
 おねーちゃん「……で、ですね。この痛みで普通のものだとまたひどく痛んでしまうので、トリートメント効果のあるものをお勧めしてるんですけどー」

 この商売上手! ちきしょーっ

 ということで、縮毛矯正をかけ、トリートメント効果で髪はさらさらのストレートです。
 あぁぁぁ!!! またガキんちょに見える!!

 カット以外はジャニ系のおにーちゃんが、がんばってくれました。
 男に対して抵抗はないけど、ジャニ系はチャラチャラして苦手なんだよなぁと思いつつ、知らんぷり。
 何度かの声かけもたいした返事もせずにしていると、髪の毛の話題から、体の管理の話に。
「オレもまだ見習いなんで、結構夜遅くまでカットの練習とかしてるんっすけど。
 夢中になってもやっぱけじめつけて、体調管理とかしなきゃいけないと思うんっすよね」

 ふむふむ、なるほど。おいらも夢中になって体調をおろそかにしてしまうよ。

「オレ、これでも23で。夢を目指しているからこそ、人に迷惑かけないでがんばっていきたいなぁって思うんっすよ」
 
 ほうほう、おいらも心配かけているからなぁ……。

 思いのほか、ジャニにーちゃんは夢にまっすぐで、最近の若者にしては感心、感心。
 その後私にしては珍しくサッカーの話題とかで話が盛り上がりましたとさ。

 結局、にいちゃんお勧めのトリートメントも買っちゃって……、
 なんと2万2千円!
 この商売上手ー!! にーちゃん、がんばれよー!(応援)


 あー、色っぽいおねーちゃんを目指していたのになぁ……。
 目指していても似合ってなければ無駄? ぎゃふん☆
 見事に、座敷わらし状態なんだよなー……あーぁ。


 ちなみに来週、なんと! 師匠と初顔合わせです。
 なんか案外時間取れなかったで、会えない可能性も無きにしも非ずですが、一応2時間ぐらい会う予定。
 師匠はどこかの神様に似ているらしいので、拝んでこようかと思います(笑 
 う~ん、楽しみ~♪ ちゅうか、囲碁全然打ってないよーっ

2006-06-08(Thu)

たまには読書報告。

「バイトでウィザード」完読。
 うーん、こういう呪文を唱える感じなんて久々やね。
 でもいまいち世界に入れなかったね。んだね、んだね。
 私がたぶん男だったら喜ぶんだろうなぁと思ったり、思わなかったり。


 「時空のクロスロード ピクニックは週末に」完読。
 ともかく、この作者の方の作品を読んでみたかったざんすよ。
 なんというか、古! っていうのが第一印象(笑
 面白かったし、王道でしたね。さすがですな、違う作品も読んでみたくなりますにょ。
 この方、攻殻の本も出されているのでやんすよ、ちょっと気になりますなぁ。
 

 「七姫物語」完読。
 この世界観は素晴らしいですよ。読んでて心地よい作品でしたにょ。
 最初ちょっと物足りないかもーと思って読んでいましたが、気がついたらはめられ、すっかりカラ、かわいい! ヒカゲ、いい奴ーっと引き込まれておりましたにょ。
 今年の読んだ中で上位に食い込みそうな勢いですね、面白かった!

 そんでですね、「七姫物語」の終節にある台詞。
 カラがテンにどうして戦うのかと尋ねると、
「戦う価値がある相手がいるからだろう。競り合えるってのは幸せなんだよ」
 
 ほわーっっと思いましたにょー!!!
 確かになぁ、そうなんだよなぁって。

 おいらが高校生の頃に相方や心の友に会って、二人との実力の差に唖然としたのよね。
 二人に追いつこうって思って必死に描いていたのを覚えている。
 結局二人ともさらりと描いちゃうんだ、おいらがどんなに必死に描いても出来上がりは雲泥の差があって、いつも悔しがっていたのだよ。
 だからこそ楽しかったんだと思う。だって、目標は高いほど良いじゃない。
 毎日会っても時間が足りないほどにバカやって、真剣に色んなことに悩んで、やっぱり幸せだったなぁって。
 
 こないだ、久々にとある方の作品を読んだ。
 その方もプロを目指す方で、私はあえてサイトには行ってないので、今も目指しているかはわからない。でもその方の印象は悪い意味で変わっていなかった。
 プロに近いといわれ続けてくすぶってる方を何人か知ってる。それだけ難しいのはわかっているけど、ちょっとショックだった。
 戦う価値のある相手かー。
 私もがんばって見つけないと! 目標は高くてほど遠いから。

 でもいつも思い出す。支えてくれた人の言葉を。見知らぬ人のなにげない言葉を。
「この話を読んでみたいと思いました」って言ってくれるだけで、私は幸せなのかもしれない。




2006-06-05(Mon)

むむ。

 せっかく考えた短編用のネタは、気がつけば長編ネタになってました。仕方ないので、大切にしまっておきましょう。ごそごそ。ぱたんっと。
 自分なりの目標設定を出せと言われて、二時間経ってしまいました。げしょ。

 なー!! もう!
 
 仕事もオレはおまえの秘書か! って突っ込みたくなるほど雑用ばっかり増え、持ち帰りの仕事はすごくめんどいし。
(まぁ一応はお金になるけど……内職って厳しいね。三時間やって1000円だぜ……やりたくねー!)
 
 ともかくなんかネタですよ。
 しんさま、〆切り前なのに長々と書くなぁ。やっぱり、好きなんだろうなぁ、あれこれいうのが。
 正直言って、しんさまが何をしたいのかがよくわからん。
 やりたいことって、小説書くことじゃないの? 
 もちろん、おいらなりにその時で色々テーマを考えて書き方も工夫したり変えたりしてるつもりですよ?
 コレでも。アレでも。そんなんでも。
 
 何が楽しいって、そりゃやっぱり小説書いているときが一番楽しいでしょう。
 話を練っているときも楽しいし、少しずつ形になる過程も楽しい。
 何が一番書きたいって、そりゃ長編でしょー。
 頭の中で待機しているお話がうずうずしてますからね。
 
 あ。そんなこと愚痴っていたら、またおいら怒られている。 げしょげしょ。
 
 
2006-06-05(Mon)

あはは。

 擬態語占いというのがありました。
 うらない

 ちなみに私は。
【きゅぴーん】です

 人生にロマンを求め、夢を追いかけていく傾向があります。
 それもただ闇雲に突っ走るわけではなく、夢を単なる夢に終わらせない計画性も備わっています。
 ピュアでひたむきなだけでなく、理性的な面もあるので、
 周囲からも賞賛を浴びることが多いでしょう。

 ロマン、ロマン~♪ 普通に闇雲に走っている傾向があると思いますが……。まぁ遊びの占いなので、良いほうに解釈しましょう♪
 まろん、まろん~♪

 あと、アクセサリーを一時的に付けてみました。キューブ君です。
 うるさいですか? そうですか。
 
2006-06-03(Sat)

とうとう…。

 今まで言外に言っていた「小説書くのをやめちまいな」がとうとう、はっきり言われるようになりました(笑
 やめちまいなでやめられていたら、とっととやめていますよ。こんな変な趣味(笑
 ただ読むほうが十分楽しくて、楽ちんで、どんだけ癒されるか。
 恥かくのも、言葉が伝えられない苦しさを味わうこともなくどんだけ楽か。
 
 何度も自分なりに考える。何で書くんだろうって。
 いつも結論に残るのは、自分の想いを試したい。
 自分の作り出す最高のお話を、たくさんの人に味わってほしい。
 だから、私にしか書けない物語を書きたいんだって思うのですよ。

 こう思うようになったのも、学生時代の創作活動が根っこになっているんだと思う。この根っこはちょっとやそっとじゃ倒れやしないしね(笑
 書けるところまで、書きたいって思うのでありんすよ。ふみゅり(久々)
2006-06-01(Thu)

やべぇ……。

 体調は昨日から復活しているんですが、全然書けない。
 うーん、正確にはネタが浮かぶけど、1000字にはどうやっても収まらないこと。
 逆切れのように短編でも書こうかと思いましたが、それもなーケンカうってるようでいやだしなぁ。
 んで、1000字で収まるような話を考えると、これがびっくるするぐらいつまんない話しか浮かばない。
 ちょっとでも工夫しようとすると、オーバーになる。
 うわぁ、どうしよー。気がつけば一週間たっとるで。前回から。

 
 最近読んだ本。
 クリスピー物語と言う短編集。 コンビニでチョコレートとのコラボ。
 鈴木光司、大石圭、と言う、執筆陣でなんとなく内容が浮かぶでありましょう……、えぇ、そのとおりです(笑

「獣蟲記」久美沙織
 久美さんの本がとにかく読んでみたかったので、図書館で借りてみました。
 こういう展開ってどうしてもご都合主義ってしか読めないよね。
 
 アリソン 時雨沢 恵一
 面白かったよー。オチは途中から気がついたけど、気がつかなかったふりして読んだ。
 なんていうか、やっぱりちょっとがっかりするのよ。
 おいらぐらいが気がついちゃうようなオチはどうかなーと。
 でもキャラがいい感じなので、続編も読んでみたいなーと思うのでありんすよ、時雨沢さんの作品は。
 やっぱ読みやすいー。雰囲気サイコー☆

 週末はお出かけできるかなー。
 そろそろ本を仕入れてこなくては……。
 
 あー、課題できないー。
 さっき浮かんでいたネタは、逆切れ起こした男子に立ち向かう女の子は妖怪で、オチは男子の魂を食べてしまうと言うもの! (つまんねー)
 女の子はおもむろにYシャツを脱いで、それをナイフに被せて男子の背後に回り込み、腕を捻じ曲げる。
 ↑この描写で1000字になるでやんすよ、たぶん。
 こういう立ち回りのお手本は、全部ジェット・リーですよ。
 素晴らしいですわ! ウーピン先生!(武術指導で有名なお方) 

 あー、課題どうしよー!!! (ゴロゴロゴロ……)
リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。