--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-01(Tue)

長編小説 その1

 みなさん、長編ってどのように書いてるのでしょうか。
 以前の私は、浮かんだものをつなげて、書き上げるという感じで、行き当たりばったり、思いついたまま書いていたのですが、それでは能率も悪く、出来上がりがわからず、方向性も定まりませんでした。

 向こうでお話の作り方を聞いてきたので(実践ではできなかったけど)、長編小説ができるまでを更新がてらアップしていこうと思います。
 書きものをする人の参考になればいいなぁと。
 ん? 変だぞ? どゆこと? と思ったら気軽に言ってくださいーっ


 SD向け投稿作「紅の連鎖反応(仮」(たぶん変えるつもり)
 
 まずはこの小説の骨になる部分、一番伝えたいこと、書きたいこと一行にまとめる。

 一行コンセプト。
 主人公が友人に支えられて敵を倒す話。


 これを柱に色々と肉付けをしていきます。
 次は起承転結の骨。
 そうそうこの話も、向こうで言ってた、

 1.動機を抱えた主人公が、異界と出会う。
 2.異界ゆかりの現象により、主人公は変化し、動機を達成する。
 3.異界ゆかりの現象が消えて、主人公は元に戻り、達成したものを失う。
 4.2のときの伏線が回収され、主人公はふたたび動機を達成する。

 に当てはまると思う。
 なのでこの投稿作の骨となる起承転結は、
 
 1.主人公は、剣(異界)と出会う。
 2.主人公が剣を手に入れると(現象)、支配者として狙われる。
 3.剣が暴走するが、主人公は自分の力で刺客を倒していく。
 4.剣の持ち主を見つけ出し(伏線回収)、倒す。


 あ、主人公の動機がないや……。
 うーんと、自分の居場所を見つける……みたいな。……中途半端だな。
 孤独だった主人公の生活が、みんなに支えられて生きていることを実感する。
 でどうだ!
 ディテールは極力抑えたつもり……、なぜ? なんで? も抑えたつもり……。
 でも書きたいものが増えている可能性はあるなぁ……むむぅ。
 絞り込んだはずなんだけどなぁ……。

 次回は起承転結に肉を付けていきます。
 


 そうそう、このお話は去年? (だったかな)の投稿作です。
 前回の投稿作を読んでいただいた人からの感想で、研の持ち主の扱いがひどいと、主人公が敵に対処する方法がもっと読みたかったというご意見はなるべく反映させたいと思います。
 あとチョコね(苦笑 チョコはやめます。ご安心を(笑 ←一番クレームが多かった場所。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。