--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-31(Thu)

何度考え込んでも

 ネタが面白くない。(がびょーん)
 それならいっそ、前回のあらすじのままのほうが面白い気がするよーっと、思ってしまうのです。
 霄壌剣の矛盾とか、呪いの矛盾とか、新しいほうだと弱かったり変だったり。
 難しいー、しかも全然期間がないーっ。

 ということで、起承転結は新しいもの。
 トリックなどは前回のものを。
 ともかく書かなきゃ間に合わないよねぇ……。
 なんだか見切り発車だなー(汗


 ということで、見切り発車のまま(苦笑)本文を書いていきますー。
 


 「君にしか聞こえない」「暗いところで待ち合わせ」乙一さんの作品とー、「銀の海 金の大地」氷室冴子さんの作品を読みましたー。

 乙一さーん。さすがだー。好きだー。
 切なさがありましたなぁ。なんか信頼して読める作品でしたー。
 特に「暗いところで~」のアキヒロ、好きだーっ
 こういう人が理想なのー。良い奴だー、かっこいいぞー。
 乙一さんんはまだ読んでいない作品があるので、ゆっくり読んでいきたいと思いますよ。ふふ。

 
 「銀の~」は今さらなんですけど、読んだことがなかったので。
 結果は、やっぱ、少女系ダメだー……。
 はぁ? って感じになってしまう。
 作品がダメではない、私は合わないなぁと痛感しましたよ。
 作品そのものは、やはり人気作品だけあって、多くの少女が憧れたりするんだろうなぁと思う作品でしたが。
 なんで、こう、こういう作品って逆ハーレムなんだろね(笑
 彩国物語もなんかこんな感じで……って言ったらファンの方に怒られそうですけど。
 少女系ってなんで濡れ場? 的なものがあるんでしょうね。
 私はそんなつもりはないのに、あいつが無理矢理ーっみたいな場面。
 そんなに嫌いだったら、勝負せいや。
 バトロワの千草貴子みたいにアイスピックもって「全身全霊をかけて、あんたを否定する!」みたいにさーって思ってしまう。(それじゃぁ作品台無し)
 たぶんドキドキする場面だと思うのー、でも私の場合はイラっと来る。
 それだったら、綺麗なおねーさんが主人公の少年に胸の谷間を見せて、「よそ見しちゃダメ、でしょ」って言われるほうがドキドキするーっ って、なんだーっその話(汗

 まぁだからそういう場面が無い、小野さんの作品が好きなのかもしれないなぁ。
(小野さん自身はかなりミーハーな方だから、嫌いではないと思うけどねー)

 ちなみにだからドラマとかも見ません。恋愛モノは特に興味がもてないので。
 うーむ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。