--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-08(Sun)

江戸時代

 今、資料のため、江戸時代の暮らしの本を読んでいます。
 んで。
 これが面白い!

 以前テレビで、江戸時代の暮らしを紹介した番組を見て、面白い世界だったんだな~って興味があったのですが、まじまじと読むと、本来の自由な感覚で皆さん暮らしていたんだなぁ~と、生き方に憧れてしまうほどでしたよ!

 まだ全部読んでいないので、あれですけど。
 一番感心したことは、いかに教科書からの間違った情報が刷り込まれていたんだなぁ~って思ったこと。

 よくさ、女性の生き方のたとえ(?)で、子は親に従え、妻は夫に従え、老いては子に従えなんて言葉があるでしょ。
 でもあれはあくまで理想論であって、そんな人はいなかった。そんなオチだったと。
 もし。そういう人ばっかりだったら、そんなスローガン(?)なぞ、生まれなかったでしょうと。

 今でも交通ルールを守らない人が多いから「交通安全」と、言うよね。
 みんな交通ルールを守る人だったら、わざわざ交通安全なんてスローガンが生まれないでしょ? と、そういうこと。


 時間も不定時法といって、お日様の位置で時間を決めていたので、のんびり暮らしていたんだな~とか。
 江戸の男女比は圧倒的に女性が少なかったんだとか。
 なのでお金持ちは別として、一般庶民は結婚することが大変で(養えないから)逆に結婚すれば、お嫁さんは「結婚してやったんだから~」と、お芝居を見に行ったりお茶してたりと、優雅なマダムみたいな生活してたようですよ。
 一方のだんなさんは、お仕事から帰ってくるなり、おしゃべりしている奥さんを見ながら、サンマを焼いたりと、甲斐甲斐しく、家事もやっていたようです。
 まぁもちろん、奥さんも洗濯したりと遊んでばかりの生活ではないでしょうけどね。

 なんか時代劇とかでさー、結婚してしまったら、家事育児に働くずめなんだろうなー、大変だなー昔の人はー。と思っていたけど、そうでもなかったのね。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。