--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-17(Sun)

【美瑛】トーチカと水瓶 その1

美瑛に戦争に関するものがあるなんて知っていますか?
皆さんご存じの通り、美瑛は北海道の真ん中あたり。 畑作をメインとする町です。
まったく戦争とは無縁なはずのこの場所にも色々あったんですね。

まずはトーチカ探しから。
こちらの情報はネットで情報を知りました。
是非、見てみたい!! ということでGO!
詳しい場所は伏せますが、探すのはちょっと苦労しました。

周囲は畑しかないのですが、そのあたりにいってもそれらしいものがない。
最終的には、ネットから拾った画像を元に、背景を推測して探しました。

NEC_0124.jpg

あった!コレだ!!!
って、こんなに藪がすごかったら、そりゃ簡単に見つからないよねっ
ってことで、やっと見つけました。
第二次世界対戦時中、本当にここまで攻めてくるかもしれない…と予想され、作られたそうです。

NEC_0125.jpg   NEC_0127.jpg

もう何がなんだか…。
入り口にたどり着くのも、藪こぎで一苦労です。
ちなみにすぐ横には畑がありますが、全くこの部分だけ関知しない、ほったらかし。
苦労してたどり着いた入り口をくぐります。

05.jpg

その中は4畳ぐらいの広い空間があり、横長の細長い窓(銃眼)と銃の台座がありました。
その窓から拳銃を出して戦う……らしいです。

06.jpg

結局一度も使う事なく現在の藪に包まれているのですが、確かに私の子供の頃は、もしロシアが攻めてきたら~みたいな話は聞いたことがありました。(当方、旭川出身ですが)
情報が今より遮断されていた当時は本当に怖かったんだと思います。

その2につづく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。