--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-07(Thu)

【赤平】 旧住友赤平炭鉱立坑櫓と坑口浴場 その5

その4からのつづきです。
薄暗い廊下を通り過ぎると、脱衣室に着きます。

akayok_005_.jpg  akayok_006.jpg

柱がありますが、小さな体育館ぐらいの広さがある脱衣室。
本来は普通の銭湯のように棚もあったそうです。(左の写真のようなもの)
写真の棚はわざと残しておいたそうです。
この広さでも混み合うほどの人たちが働いていたそうです。

akayok_007.jpg

上記の写真のものも残しておいたものの一つで、この籠に自分の衣類などを入れて、
上から吊されていたそうです。
着替える時にはヒモを調整して荷物を下ろし、使い終わったらヒモを引っ張って、上に上げる。
すると、下の部分が使えるので、他の人の邪魔にならない…ということですね。
限りあるスペースを有効に使用していたんですね。素晴らしい~!

akayok_008.jpg

いよいよ、この緑のドアのむこうが浴場となります。
もちろん男女、浴槽は別でした。こちらは男風呂になります。

akayok_009.jpg

小さなプールのような大きさの浴槽が中央に一つ。
壁に蛇口などが付いていて、洗い場になっていたそうです。
浴槽の深さは深く、子供なんかは立って入っていたそうですよ。
写真右側奥に女風呂があって、写真も撮ったのですが、暗すぎて上手く写りませんでした…。

今回はちょっと長いっ もうちょっとつづきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。