2013-09-01(Sun)

【風立ちぬ】

201308311617000.jpg

風立ちぬ

私、ハウル以降、宮崎さんの作品を映画館で観ていません。
正直どうしちゃったのかなぁ…な~んて、上から目線で思っていたからです。
今回も迷っていました。
観なくてもいいかな、DVDで十分かなと。
でもNHKの『「風立ちぬ」1000日の記録』を観て、これは行かねば!と
家族そろって観にいきました。

いまさらだけど、観にいって良かった! 
行かなかったら絶対後悔するところだった!
映像的な効果はもちろん、お話もシンプルだけど人が描かれていて、
素晴らしかったです。
最初、主人公が庵野さんの声と聞いて、「えー?!」って思っていたけど、
私自身、エヴァなどに興味がないのが良かったのか、気になりませんでした。
確かに作品としてみるとぴったり合っていて、一途で寡黙な感じが良かったです。

心揺さぶられる映画、まさにぴったりな作品でした。
「殺人兵器を作った人の映画」に対し、宮崎さんなりのきちんとした答えがありました。
「もののけ姫」の際、「生きろ」に対してちょっと荒削りな結論だった気がしたけど、
今回の答えはとても優しくけれども力強く、一途で正直だったんじゃないかなって思いました。

以下はネタばれを含みます。
観ていない大人の方は、オススメします。
子供は…飽きて通路を走っちゃうから、お勧めできません(笑




パイロットのような表面で表すヒーローではなく、設計者として戦争にかかわった主人公。
理想の飛行機を夢見ながら、でも時代は兵器としての道具を求めている。
会話の中でいろんな国の名前が出てきましたが、作中で敵や戦っているシーンなんて出てこないんですよね。
何度も誰と戦っているんだ? と問う主人公。
歪んで捻じ曲がってくる世の中。
それでも、わかっていてもゼロ戦を完成させる主人公はやはり宮崎さん自身だったのかなって思いました。

最後のゼロ戦はとてもかっこ良かった。すごく凛々しく美しく綺麗だった。
綺麗な青空に吸い込まれるゼロ戦。
そしてあのセリフ。
戦争の虚しさや悔しさ、戻ってこない命。
実直に生きているだけなのにすごく切なくて
時代に翻弄されるとはこういうことなのかなと思いました。

悪者がいて、敵がいてなんてことではなく、戦争ってこうやって巻き込まれていくんだと、
平和ボケしている私たちへのメッセージなのかなって思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター