--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-06(Thu)

LINE Creators Marketへの道 その5

その4では、実際にスタンプ製作についての情報を準備しました。
今回がラスト、製作する上での注意点です。

公式HPのガイドラインにも書かれていますが、
推奨するスタンプの内容はもちろん、注意しなければいけないのは、
NGなスタンプのガイドラインです。

世界シェアでのデビュー!な~んて注目されることばかり考えて
宣伝目的になるようなデザインにならないように注意しましょう。

特に使用しにくいものは、選ばれる以前の問題になります。
使う側に立つのが大事です。
なので日本語を多用するよりも、マルやバツなどの記号で
表現したり、表情で気持ちを表すほうが、様々な国の方々が
使用できて、幅が広がるかと思います。

そしてスタンプの登録後には、LINE側からの審査が行なわれます。
販売基準が満たされているかの審査ですが、ライバルも多しなので
わかりやすいデザインと、他にはないオリジナルを目指しましょう。

以上がデザインに関するまとめです。

そして最後に製作する上で、画像の余白についてです。
ガイドラインにも書かれていますが、画像サイズ全て使った
デザインは不可となっています。

2014_line0ng.jpg

上記の画像だと、画面いっぱいにイラストが描かれており、
耳などが見切れてしまっています。
こういったデザインでは、NGとなってしまいます。

2014_line0.jpg

上記のように、適度な余白をつけて画像を製作するようにしましょう。


以上が、私がLINE Creators Marketに登録する為に
思っていることのまとめです。
参考にできることがあれば、嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。