--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-01(Wed)

作家になりたいわけ。

 あっちのサイトにはこの話題が何度も出ます。
 その度に私は考えるのです。なんで私、作家になりたいんですって恥ずかしいこと言ってるのだろうと。
 言うことが恥ずかしいって、恥ずかしいですよー!だって、私には才能がありませんって言ってるようなものでしょ?
 才能があれば、作家志望ですって言う前に作家になってるでしょ?
 才能が無いという致命的な欠陥があるがゆえに、作家になりたいんですなんて、恥ずかしいことを言ってると思うのです。
 
 じゃぁ、その恥をかいてまでなりたい理由は何?
 すごく考えた。
 感想とかがほしいわけじゃない。
 面白かったですって、いわれたいわけでもない。
(そりゃ嬉しいけど、それが一番の問題ではなかった)
 金を稼ぎたいなんて論外だ。
 すごく考えて私なりの答えは、作品がかわいそうだからだと思うの。

 何度も言ってるけど、自分の作品に対して大事に出来るのは作者のみ。
 新木さん風に食べ物としてたとえると。
 私は一生懸命、お魚を取ってくるんだけど調理法法が分からない。
 試行錯誤に作ってみても料理と呼べないものが出来上がってくる。
 私のとってきたお魚は一匹100円もしない大衆魚のサンマなのかもしれない。
 だけどそれすら食べ物として価値のないものに仕上げてしまうのだ。
 サンマだって刺身にしたら、美味しい。塩焼きだって蒲焼だってもりもりご飯が食べられちゃうぐらい美味しいのに、私はそれすらも出来ない。
 それが悔しい。
 サンマさんがかわいそうだって思う。
 そんな料理以前のものでも、すごく変な感じだけど美味しいよって言ってくれるとすごく嬉しい。
 だからこそ今度は、きちんとした料理にしたい。
 今度はきちんと作って、サンマ美味しいねって言われたい!

 今のところ、私の理由はそんな感じかな。
 出来上がった料理は誰かに食べてもらういためにあるものだしね。
 ログはそろそろ8000……。今月中には終わらなかったなぁ。
 明日というか、今日はまんが喫茶にいってNARUTOを読んでこようかと。
 気が付いたら全然頭の引き出しないんだもん。ネタを仕入れてこなくては!
 明日は会社お休みなの~♪
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。