--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-24(Mon)

どうなのよ、自分。

 週末、相方が来て遊びましたとさ。
 その時の一言。

相方「さりは(仮名)は、新作書いてるの?」
 
 一瞬何をいってるかわからんかったとです。
 ちょっと、考えて、あぁ、私の投稿作かと納得。

おいら「今、課題以外には、全然書いてないねー」
相方「そっかー」

 その後深夜になって、これもまた相方に話を振ってもらってから、小説のことを語る私。
 なんつーか、自分でも要領の得ない話をしてました。
 思ったよりいろんなことが後を引いているのかな。
 最初は自分でもどうしたいかわからなかった。
 小説を書き続けたいのか、上達したいという熱意があるのか。
 相方と色々話をして、とりあえず、吐き出してみてやっぱり書きたいんだなぁって思った。
 途中で投げ出すようなことはしたくないって、改めて思った。

 んで、相方も
「じゃぁ、続けるしかないよ。がんばるしかないんでない?」と
励ましてくれました。


 連日の愚痴ばっかりで申しわけない。
 メールで励ましてくれた方も、ありがとうございます。
 
 
 一方で励ましてくれる人がいて、一方でけなす人がいて。
 でもね、でもね、いい面でも悪い面でもなんにも気にかけてくれないほうが一番つらい。
 学生時代の私がそうだった。
 良くなく、悪くもない。真ん中で普通で、たぶん透明人間のような存在だったんだと思う。
 そしてそれが一番、賢い方法だと思ってた。
 
 でも、それじゃぁあの世界には、入れない。
 だから、たぶん、これでいいのかも。
 
 やっと小説かけるかな。


*****

「よくわかる現代魔法」 完読。
 人は殺したいよねー。とそんな所で共感。

 今は「恋する司書と~」を読んでます。
 だんだん、どれを買っていいかわからなくなってきました(笑

 あ。S式読まなくちゃ……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。